#14 サイドカーのレシピ〜魔法の方程式で作られた黄金色のカクテル〜

#14 サイドカーのレシピ〜魔法の方程式で作られた黄金色のカクテル〜

本記事は元バーテンダーが、培った知識や経験を基にお酒の歴史や飲み方、カクテルの作り方などを紹介しています。また、疑問などにも対応していきますので、コメント欄にメッセージを頂けたらと嬉しいです!では参りましょう!

今回ご紹介するカクテルは熟成した芳醇な香りが持ち味のブランデーがベースのショートカクテル『サイドカー』。このカクテルはホワイトレディやバラライカなどのいわゆるサイドカー系カクテルの本家です。

このサイドカーのレシピからピッタリの料理、誕生の由来を紐解いていきます!

サイドカーはブランデーの香りとコクが特徴の贅沢なカクテル

ブランデーの中でも繊細で優雅な味わいのコニャックを使用したショートカクテル「サイドカー」は他のサイドカー系カクテルを異なり、貴族のような気品を持っています。

その気品とはコニャックの樽の中で何年も熟成することで生まれた深いコクに、ホワイトキュラソーのオレンジとレモンのシトラスフレーバーが見事にマッチすることで生まれるもので、サイドカー系カクテルの中でも大人のカクテルと言えるでしょう。

では、そんなサイドカーのレシピを見てみましょう!

サイドカーのレシピ

カクテルデータ

  • カクテルタイプ:ショートカクテル
  • 作成技法:シェイク
  • ベース:ブランデー
  • アルコールの強さ:★★★★☆
  • 色合い:琥珀色
  • 炭酸の有無:無し
  • 味わい:芳醇な香りとコク、甘さ、酸味のバランスのとれたカクテル。

材料

  • BRANDY (ブランデー)・・・2/4 ※1
  • WHITE CURACAO (ホワイトキュラソー)・・・1/4 ※2
  • LEMON JUICE (レモンジュース)・・・1/4
  • ICE (氷)・・・適量

※1 基本的にブランデーはコニャック産のものを使用してください。アクセントとして別の産地を使用するのは問題ありません。

※2 ホワイトキュラソーの記載がが「コアントロー」や「トリプルセック」になっているレシピもありますが、どちらもホワイトキュラソーの商品名の一つです。特にコアントローはホワイトキュラソーの中でもバーテンダーがもっとも好むアイテムの一つです。

必要な道具

  • カクテルグラス
  • シェイカー

作り方の手順

  1. カクテルグラスを冷蔵庫で冷やしておく。
  2. シェイカーを用意し、材料と氷を入れ、しっかりシェイクする。
  3. (3)を(2)のグラスに注ぎ、完成。

上記のレシピの材料を一部変更する事で出来るカクテル

元バーテンダーが、美味しくなるちょっとしたコツとか色々教えちゃいます!

バーテンダー時代に学んだ美味しいサイドカーを作るためのコツを伝授します!守って欲しいポイントは次の3つ。

  • カクテルグラスは冷蔵庫もしくは冷凍庫で冷却する。
  • シェイクに使う氷は冷凍庫で一度締めた乾いたものを使う。
  • シェイクする材料は可能な限り冷やす。

サイドカーに合う料理は?

このケーキは断面の層をオペラ座に見立てて作られたそうです。

ベースにフランス産のコニャックを使用していますので、合わせる料理もその国で生まれたものが良いでしょう。

ブランデーのような香りを楽しむアルコールには複雑で、癖の強い料理は向きません。シンプルで素材の味を楽しめるようなものが良いでしょう。また、ブランデー自体が甘い香りがありますので、デザートと合わせるのもありです。

私のオススメはフランスのチョコレートケーキ「オペラ」です。カカオとコーヒーの奥深い大人の味わいが、サイドカーとベストマッチします。

関連するカクテル

バーの常連の愛車がカクテルの名前になった?

さて、今回ご紹介のショートカクテル「サイドカー」ですが、1933年にフランス・パリのハリーズ・ニューヨーク・バーで誕生しました。このカクテルを考案したのは以前、ホワイトレディの記事でご紹介したハリー・マッケンホルン氏です。

↓ バーテンダー「ハリー・マッケンホルン」氏についてこちらの記事で書いています。

彼の考案したホワイトレディの詳細は上の記事にありますので、割愛しますが、ホワイトレディのベースであるドライジンをブランデーに変えたのが今回ご紹介のショートカクテル「サイドカー」と言われています。

さて、気になるカクテル「サイドカー」の名前の由来ですが、それは、このカクテルを好んで飲んでいたハリーズ・ニューヨーク・バーの常連の将校がサイドカーに乗っていたからと言われています。

軍用バイクってサイドカーがついているイメージがありますよね。

想像ですが、ハリー氏も含めバーの従業員が、この常連のことをサイドカーのついた軍用バイクで来店することから、「サイドカー」とニックネームをつけていたのではないでしょうか?「また、サイドカーが来たよ!」とか、「今日はサイドカー来ないね」みたいな感じで。

そこから、好んで飲んだこのカクテルの名前になったのではないでしょうか?

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか?今回はサイドカーのレシピを中心にその由来についてご紹介しました。

今回でサイドカー系カクテル5種を全て記事にすることが出来ました!改めて、このカクテルたちのレシピを見ると、2:1:1という配合バランスが黄金比とか、魔法の方程式のように思えます。

面白いことに、このバランスでベースや副材料を変更すると簡単にオリジナルカクテルが出来てしまうんです。私もバーテンダーをしていた時に、お客さんからのオーダーで困った時はこの配合によく助けられたのを覚えています。

サイドカーの作り方などの疑問・質問はコメント欄によろしくお願いします!ではでは、また次の記事でお会いしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ブランデー・ベースカテゴリの最新記事